夢月夜

第ニ夜(十四)


 諷貴に掴まれた腕が、未だにビリビリと痛む。
 それを浅葱は、誰にも気づかれないようにして平静を装っていた。これ以上、朔羅をはじめとした式神たちの不安を増やすことはしたくないと思っているからだ。
「……浅葱さん、平気かい?」
「う、うん……」
 そんな朔羅の言葉に、浅葱は少しだけ戸惑いを見せた。
 だが、朔羅自身が背中を向けていたこともあり、その戸惑いは彼には気づかれずに済む。
 そして、はっ、と弾かれるように、周囲を見やった。
「賽貴どのなら、あちらに」
 浅葱の探すものに即座に気づいたのは白雪で、白い指先で導いてやれば、浅葱はその方向へと素直に首を動かした。そして、その場をかけ離れる。
 賽貴は藍の協力もあって、倒れ込んだ地面から、屋敷内となる端近へと移されていた。
 その横たわる体に浅葱が近づけば、入れ替わるようにして藍が賽貴のそばを離れて、階を降りる。今の彼女には、賽貴以上に気にかける存在があったからだ。
「……賽貴」
 浅葱は賽貴の顔を覗き込み、小さく名を呼ぶ。
 それに返事は当然ないが、呼吸は落ち着き、表情にも苦痛の色が消えていることを確認して、安堵のため息が漏れた。
 意識が戻るまでにはもう少し時間が必要だと判断した浅葱は、その場で女房数人を呼びつけ、賽貴を室内に運び入れるようにと申し付けた。すると、下男たちもその場に加わり、賽貴は静かに奥へと運ばれていく。
「…………」
 それを見届けたあと、浅葱はくるり、と踵を返した。
 そして再び庭へと降り立ち、琳の居る場所へと向かうために顔を上げた。
「!」
 視線の先には、琳に向き合う形で地面に正座する藍の姿。
 彼女は何かを琳に語りかけ、そして、ゆるりと手を伸ばした先は――。
「藍さん!」
 浅葱の一歩が、それにより遅れた。
 声と同時に掛けたが、藍の行動を未然に防ぐことは出来なかった。
 そして、式神たちも、気の緩みからかそれぞれに反応が遅れていた。

「琳。……死んじゃうの?」
 自分で発した声が、妙に穏やかな音であることに、藍は内心で驚いていた。
 目の前の兄は、地に座したままで静かに『何か』を待っている。その『何か』を、藍は本能で感じ取っているのだ。
「……双子の話は知っているでしょう。この姿が持つ意味も。お前が残って、僕が死ぬ。……それだけです」
 琳の応えは、少しだけ冷たかった。
 それでもそこに嘲りの音はなく、彼はもうすでに、自らの運命を享受するだけになっていた。

 ――ああ、兄さまは、もう……。

 藍の脳内で紡がれる言葉。
 それを反復して、彼女は自分の鼓動が大きく揺れた事を自覚した。
 落ち着いているわけではない。自分は、焦燥感でいっぱいなのだ、と。

 どうしたら。
 どうしたら。
 ドウシタラ。

 双子。同じ血。自分が健康体。

 そう、同じ血が流れているのであれば。

 アタシガシネバ、イインジャナイ――。

「藍!?」
 驚きの声音を上げたのは、琳であった。そんな余力すら無いはずであるのに、目の前で妹が起こした行動に、全くの予知が無かったのだ。
「琳……アタシの、兄さま……」
「!!」
 藍の微笑みと言葉に、琳はビクリと体が震えた。
 呟く彼女の胸には、先程まで琳が握りしめていた短刀が突き立っている。その柄を掴んでいるのは、藍自身だ。
「ら、藍……」
「生きて。……生きてよ兄さま。おねがい」
 そこで、藍の瞳の端から、ひとしずくの涙がこぼれ落ちた。それが合図となり、彼女の表情はくしゃりと崩れる。
「もう、失うのはイヤ……。いなくならないで……お願い、琳……ッ」
「――オン」
 藍が懇願の声を漏らすと同時に、浅葱の声が響いた。朔羅がそれを見て、藍に何らかの術を施すのだろうと判断する。
 その間にも藍は短刀を自分の胸から引き抜き、そこから生まれる自分の血を手のひらに落として、琳へと差し出していた。その血を飲め、という事なのだろう。
 一方の琳は、そんな妹の姿を見ていられなくなったのか、大きく視線をそらして俯いた。
「琳さん」
 少しの間のあと、浅葱の声が頭上に降ってくる。
 それにゆっくりと顔を上げると、手刀を収めつつの浅葱の姿が藍の後ろにあった。術を発動した直後であるためか、彼の体の周りには僅かに気が揺らいでいる。
「……私が庇わなくても、貴方は急所を外していたでしょう。貴方は、藍さんを殺せなかった」
「……何故、そう思われます?」
 まっすぐな視線。
 先刻、自分が振るった刃の前に身を投げ出した時も、浅葱はこんな表情をしていた、と、琳は心の中で思った。
 守られるだけの、中途半端な人間だと思っていたのに。
「貴方は、藍さんを愛しているから。……そうでしょう?」
 続けられるしっかりとした言葉を耳にした琳は、自嘲気味に哂う。
 そして、その眉間に深い皺を刻んだ。
「……は……、お見通し、ですか……」
 言い知れぬ後悔と、贖罪の気持ち。藍を本当に憎んでいたのであれば、こんな表情を作れるはずもない。
 琳は浅葱の揺るぎない微笑みの前に、完全に折れている状態だった。
「僕は死にたくなかった。……妹を殺せば生きられると、諷貴さまに教わりました。だから、憎んでいたはずなんです、藍のことは。……でも、本当は……ただ純粋に、羨ましかっただけなのかもしれません……」
「琳……」
 掠れたような声音でそう言葉を吐くと、その傍では藍が手のひらの中の血を零さないようにして軽く握り締めた拳に、額を擦り付けて泣いていた。
「…………」
 どうしようもなく我侭で、単純で、素直な妹。
 共に生まれながら、自分とは正反対の『生』を生きるもの。愚かだと蔑みながら、心のどこかに憧憬が無かったと言えるだろうか。
 藍の胸から溢れる血は、すでにその流れを止めていた。
 先程の浅葱の術はこの為だったのだ。短刀に付着していた自分の血を薬に転化させ、傷を塞ぐ。その点で言えば、運が良かったと浅葱は思う。もし藍が、全く別の刃物を使っていたのであれば、彼女の傷を癒すにはもっと時間が掛かっただろう。
「……生きてくれていて、良かった」
 藍の無事を確認した琳は、静かそう言った。その瞳には、涙が溢れている。
 彼は藍の手を取り、手のひらの中にわずかに残っていた彼女の血をぺろりと舐めて、口に含んで見せた。
「馬鹿でかわいい僕の妹。お前の兄で幸せでした。……ありがとう」
「……っ、さよならみたいな事、言わないで!」
 その温もりを確かめるように、藍が琳に抱きついて強い口調でそういう。
 そんな彼女の背に手を回して、琳は小さく頭を振った。
「さよならだよ、……藍」
「いやっ!!」
 ぎゅ、と、耳元に響く囁きを否定するかのようにして、藍の腕に力がこもった。それを体で感じつつ、琳は浅葱を今一度見上げる。
「……僕は罪を犯しました。断罪はあなたの役目です、陰陽師殿。暗闇に落とすなり、冥府に送るなり、お好きにどうぞ」
 琳は浅葱に向かいそう告げたあと、一度口を閉じる。
 そして、またゆっくりと開き、
「僕はもう、ここには残れません……」
 と、聞き分けのない妹を諭すような声音で、そう続けた。
「……貴方を救える方法は……」
 浅葱は静かに琳の前の片膝を付きながら、言葉を告げる。
 正面から視線を合わせられた形となる琳は、その真っ直ぐな視線を何故か見返すことができずに、僅かにずらして口を開く。
「無理ですよ。この身体は……、もう、保ちません。それに賽貴さまは、哀れむ必要はないと仰られていませんでしたか?」

 ――琳への同情心は、お捨てください。

 琳の言葉に、浅葱は少し前の記憶を呼び起こす。琳の言うとおりで、確かに賽貴に、そう言われた。
 だが。
「……死にたくないのでしょう?」
「そう思っていましたが、不思議と未練は残っていないのですよ。……妹のことくらいで」
「――では、藍さんのために」
 浅葱がすらり、と右手を差し出した。
 自然と会話はそこで切られて、琳は彼の指先を見やる。その直後、意識がふつり、と途切れた。
 そして琳の身体は、淡い光を放ち、ゆっくりと形を変えていく。
「……り……っ!」
 かくり、と支えを失う形となった藍は、自分の腕の中の兄が変容していくその様子に、驚きを隠せないようだった。慌てて腕を伸ばすが、その先の行動を止めたのは、朔羅だ。
「落ち着いて、藍。浅葱さんのすることをよく見ててごらん」
 狼狽する藍の腕を掴み、琳から少しだけ距離を取らせると、彼は彼女を立たせてそう言った。
「何を、するの……?」
「まだ、琳と一緒にいられるようにしてくれるってさ」
「――オン サンマヤ ザトバン……」
 浅葱の唇から、凛とした声音が響いた。
 彼の指先にいるのは、黒猫の姿となった琳だ。天猫族の本来の姿であるが、彼はまだ成人を迎えていないためなのか、普通の猫と同じくらいの体躯だった。
(――普賢を使うのか。負担が大きいな……)
 主の術の響きを耳にして、朔羅が眉根を寄せつつ心でそう呟いた。
「……そんな事、出来るの……?」
 不安そうな表情でそう問いかけてくるのは、藍。浅葱の力を体感したことが無い故か、不確かである事柄に、信じきることが出来ないのだろう。
「出来るんだよ。……でもそれは、自身の危険と隣り合わせだ。本当ならさせたくないけど、浅葱さんは聞いてくれないからね」
 朔羅は藍の問いに答えつつ、周囲に目配せをした。
 するとほかの式神たちは言葉なく頷き、浅葱の周りを囲むようにして歩みを寄せた。
「……え?」
 それを目で確認しつつ、朔羅も移動を開始する。藍の腕を引いたままだ。
 当然彼女は、新たな驚きを見せて首をかしげる。
「賽貴さんが動けない分、君に協力してもらう。ここに立って、浅葱さんに呼吸を合わせて同調するだけでいい。そうすれば、きっと琳と一緒にいられる」
 朔羅はそれだけを藍に告げて、自分の立つべき場所へと移動した。他の三人も、既にその態勢に入っている。
「琳と……」
 藍は戸惑いながらも、小さく呟き、中心で印を組む浅葱へと視線を送る。額にびっしりと汗を浮かべ、時折その表情が苦痛に歪む。立つこともできず、膝をついたままの姿勢で、それでも必死に呪を唱えている浅葱。それも全て、藍と、琳のためだ。
(琳……)
 藍は意を決したようにそこで目を閉じ、祈るように胸の前で手を組んだ。すると、耳に届くのは浅葱の呼吸。合わせるべき波長……それを感じ取ることができた彼女は、無意識に己の気をふわり、と放つ。
(温かい……)
 不思議に心が満たされていく感覚が、藍を包む。
 これが陰陽師の力なのか、とぼんやり遠くで考えつつ、琳を思う。
「……バザラユセイ ソワカ……」
 浅葱の口から力ある言葉が吐き出され、それにつられるようにゆっくりと瞳を開くと、柔らかな光が浅葱と琳を包んでいた。
 時間にしては、数秒のこと。
 だが、藍にはそれがとても長い時間に感じられていた。
「…………」
 光は徐々に収束していく、静寂が落ちる。
 琳の身体は横たわったままで、浅葱の荒い息だけが響いていた。
「……琳っ!」
 藍が思わず、琳に駆け寄る。そして猫の姿の兄を抱き上げて、その小さな体を揺さぶった。
「琳、……琳ッ!」
「…………」
 浅葱の体には、確信はあった。それでもやはり、不安もある。呼吸を整えながら、じっと、藍の腕に抱かれた琳を見つめていた。
 やがて、琳の耳がピクリ、と動き、その目がゆっくりと開かれる。
「……藍?」
 視界に飛び込んだ藍の顔に、戸惑ったような、琳の声。
「琳っ!!」
 それを間近で確認した藍の声には、歓喜の色が溢れ出ているようであった。彼女は再び涙を零しながら、琳をぎゅ、と抱き直している。
「……何故……? 苦しくない……」
 事態をあまり理解できていない琳は、呆然としながら藍の腕の中に収まっていた。
「よ……かった……」
 そんな二人を見やりつつ、安堵のため息を吐いた浅葱は、そこでゆっくりと意識を放棄した。
 倒れゆく浅葱の体を後ろから抱きとめ、朔羅がほっと息をつく。他の式神たちも主に駆け寄ってきた。その先を僅かに出たのが白雪で、白く細い指を伸ばして、浅葱の様子を確かめる。
「相変わらず、我らの主は無茶をする……。だが、今は疲れて寝ているだけのようだの」
 苦笑しつつの白雪の言葉。失血の影響も無いとは言えないが、今は彼女の言うとおりに、疲労が一番の要因なのだろう。
「これなら、寝ていれば回復するであろう」
 治癒の必要はないと判断した白雪は、ゆっくりと立ち上がった。そして袿の裾を翻し、屋敷内へと一足先に戻っていく。浅葱の寝所の用意をさせるためだろう。
 それを見やってから、自分の腕の中の浅葱へと視線を戻した朔羅は、満身創痍な主をやれやれと言わんばかりの表情で見つめる。
 頬に掛かる髪をそっと払ってやりつつ、慈しむように抱き込みながら、
「……お疲れ様」
 と、浅葱の耳元へ、小さく囁いたのだった。




 琳に術を施してより数日。
 あのまま一晩寝込んだ浅葱は、次の日には多少の疲労は残していたもののしっかり回復していた。
 賽貴と言えば、浅葱が寝ているあいだに意識を取り戻し、以来ずっと浅葱の傍にいる。
 浅葱回復の報を受けた藍が、浅葱の部屋を訪れ、真っ赤な顔で『ありがとう』と言った時には、浅葱まで釣られてその頬を赤くしていた。
 『本当に、馬鹿がつくほどのお人好しですね』
 そう続けたのは琳。あまりにも変わらない口調に、浅葱は苦笑してしまった。
 暫くの間、琳は人形を取ることは出来なくなってしまったが、彼はきちんと生きている。別れはまだ先になりそうだ。

「えぇっ!?」
 浅葱の部屋で、調子はずれな声が響いた。
 自室でそれを聞いた朔羅が、くすりと笑う。
 声の主である浅葱は、いつものように文机に向かっていた。右手には墨のついた筆が収まったままだ。
 書きかけであった札の上には、ボタリと落ちた墨の跡。筆の先に溜まった墨が、二つ目の雫を落とそうと今も震えている。
 浅葱の視線の先には、至極真面目な表情の賽貴が座していた。
『浅葱さま。脱いでいただけますか?』
 今しがた、賽貴の口から漏れた言葉は、そんな響きだった。冗談の類などではないことは、その顔が語っている。
「……な、なんで……?」
 顔が熱で帯びていくのを感じながら、動揺を隠せない声で浅葱が問う。
「背を向けてでも構いません。とにかく、脱いでください」
 真剣な表情はそのままに、眉一つ動かさずに言う賽貴。決して折れる気配はない。
 羞恥に目を回しそうになりながらも、浅葱はおとなしく彼に従うことにした。
「なに……するの? 賽貴……」
 背を向けて座り、そっと千早を脱ぐ。そして袴を緩めてから薄緑色の着物の腰紐を解いた。
 その際にちらりと賽貴を見やりそう言葉を投げかけるが、答えは無い。
「…………」
 小さく嘆息し、浅葱はそのまま賽貴へと肩を見せた。
 着物がするり、と落ちきる前に背中でそれを押さえるのは賽貴だ。そして彼は眉根を寄せる。
 浅葱の両腕に残る跡。
 諷貴に掴まれた場所に、くっきり五指の形が残っている。
「賽貴……?」
 空気が変わったことに気づき、浅葱が再びの疑問を投げかけると、答えの代わりに帰ってきたのは賽貴の指先だ。それが跡の残る場所へと触れる。
「あ……」
 ズキ、と走る痛み。それに思わず、浅葱は顔をしかめる。
「痛いでしょう、浅葱さま。何故、黙っていたのです」
 心配をかけまいと、白雪にさえ言わずにいたのだが、賽貴には隠しきれなかったようだ。
「……ごめん」
 結局は、心配をかけることとなってしまい、浅葱は素直に反省の言葉を口にした。
 賽貴は浅葱のその赤い跡につつ、と指を這わせたあと
「……ご辛抱を」
 と、浅葱に告げ、唇を当てた。
「!」
 びくり、と浅葱の肩が震える。その直後、ちくりと走った痛みに、眉が揺れた。
 普段は秘めている賽貴の牙。それにより血の溜まった部位へと噛み付き、血を吸い出すという行為を、賽貴は何のためらいもなく遂行していた。
「……、……」
 傷を治すためとわかってはいても、触れた唇の熱と感じる彼の吐息に、浅葱は首まで真っ赤になっていた。
「……荒療治ですが……これで痛みが取れるはずです。本当は、腕を上げることすら、辛かったでしょう?」
「う、うん……ありがと……」
 唇が離されたあと、徐ろに肩に着物が掛けられたことを確認した浅葱は、そそくさとそれを整えた。そして彼から距離を取るべく立ち上がろうとしたところで、賽貴にそれを止められる。
 賽貴は浅葱をそのまま後ろから抱き込んだのだ。
「……賽……?」
「もう、無茶は……なさらないでください。お願いです」
 一連の騒動に、関わっていたのは兄の諷貴。彼の異常さと、執着心は弟である賽貴自身が誰よりも熟知している。そして、何もできなかった自分。間違いなく起こるであろう近い未来の波乱に、彼は不安を隠せずにいるようだ。
 祈るような小さな声に、浅葱は初めて、自分を抱く賽貴の手が震えていることに気がついた。そして彼に体を預けて、瞳を閉じる。
「心配かけて、ごめんなさい。……今後も、ちゃんと気をつけるから」
 そう浅葱が告げると、賽貴は確かめるようにして彼の額に唇を添えた。
 くすぐったそうにそれを受け止めていると、庭先に小さな気配を感じる。
『――昼間から人目も憚らずに……。ただ恋仲が、過剰にむつみ合っているようにしか見えませんよ』
 そんな声が、端近のすぐ下から聞こえてきたかと思えば、トン、と小さな音と共に姿を見せるのは琳であった。その口には何かを咥えている。
「り、琳……」
 浅葱がそう言いながら慌てて身を起こそうとしたが、賽貴は動じることなく、腕の中の主を離さずのまま顔だけを琳に向けた。
『ご本家から、伝令ですよ』
 琳はつい、と猫らしい歩みを寄せたあと咥えた文を浅葱に投げて、後はお好きに、と言わんばかりにその身を翻して部屋を出て行く。
 あれから、彼は浅葱の使役として仕える事となり、なかなか良い働き振りを見せているが、さすがに性格までは変わりそうにない。
 琳の去った後を呆然と見やったあと、浅葱と賽貴は顔を見合わせて柔らかく微笑み合う。
 その、直後。
「あさぎー!」
 遠くから聞こえる呼び声に、賽貴が拘束を解き、浅葱が慌てて起き上がる。
「浅葱、ここにいたんだ。あ、賽貴さまも一緒ね」
 それぞれの位置に戻ったとき、戸口からひょっこりと顔を覗かせた藍が、文机の前に座す浅葱と、その傍に控える賽貴へと笑顔を向けた。
 しっかり、琳とともに屋敷に居座る事となった藍は、あれ以来すっかりと浅葱に心を許していた。
「あのね、浅葱。アタシちょっと行ってみたい場所があるんだけど、いいかな。一応、了解もらおうと思ってね……」
「うん、どこに行きたいの? 独りじゃ危ないから、誰か連れて行ってね」
 満面の笑顔をと、明るい調子の声。敵意をむき出しにしていたころが嘘のような、和やかな室内。
 藍に対し、初めは敬語を使っていた浅葱も、敬語を使うたびに藍に怒られてしまうので、今では普通に接している。
「――嵐が凪いだね」
 いつの間にやら妻戸の向こうに姿を見せた朔羅が、二人を一瞥したあとに、賽貴にそう言った。
「とりあえず、一件落着、かな?」
「……そうだな」
 賽貴が朔羅の言葉に静かに答え、親しい友達のように楽しそうに会話する二人を見つめ、眩しそうに目を細めた。
 季節は、初夏。
 ようやく、いつもどおりの日常が、戻りつつあった。

 第二夜・終